明日の株式相場見通し=トランプ会見を警戒し売り先行、円相場の動向を注視

836142181

 あす(11日)の東京株式市場は、現地11日に予定されているトランプ次期米大統領の会見での発言に対する警戒感が根強いことから、引き続き利益確定の売りが先行する推移となり、日経平均株価は軟調な推移となりそうだ。

 市場関係者からは「11日のトランプ氏の会見で最も警戒されているのが、当選以降急速に進行している“ドル高をけん制する発言”をするかどうかだ。もし、ドル高けん制発言が飛び出した場合、円高・ドル安が一気に進み、日経平均株価も1万9000円台を大きく割り込む懸念もある」との見方が出ている。ただ、ドル高には言及せず、“ドル高容認”との受けとめが広がれば、円安・株高となる可能性が高い。

 10日の東京株式市場は、売り先行。前場後半は下げ渋り一時、前週末比でプラス圏に転じる場面もあった。後場は売り直され、安値圏でのもみあいとなり日経平均株価終値は、前週末比152円89銭安の1万9301円44銭で3日続落となった。

 日程面では、11月の景気動向指数、12月末の外貨準備高、12月の車名別新車販売台数、JAXAがミニロケット「SS-520」4号機打ち上げに注目。海外では、トランプ次期米大統領の記者会見が焦点となる。(冨田康夫)