<注目銘柄>=三益半導、半導体ウエハーの需給逼迫で大幅増益の期待高まる

61f3fb5e1

 三益半導体工業<8155.T>は、12月12日に昨年来高値1787円をつけ、その後も高値圏で推移しているが、業績好調を背景に水準訂正の動きが期待できる。

 先月27日に発表された11月中間期業績は、連結経常利益が20億1100万円(前年同期比1.8%増)だった。半導体産業の活況を背景に、新品ウエハー研磨(プライムウエハー)事業が好調に推移。一方、使用済みテストウエハーを研磨して再利用する再生ウエハー事業は、海外売り上げが多いことから円高の影響もあり伸び悩んだが、全体としては計画を上回る増収増益で着地した。

 17年5月期通期業績は、経常利益34億円(前期比2.8%増)の期初予想を据え置いているが、上期の上振れ着地や、足もとの円安を考慮すると上方修正の公算は大。さらに、300ミリウエハーについて、需給逼迫から値上げが伝えられていることは、同社にとっても追い風で、加工賃の値上げとなれば、さらなる大幅増益も期待できそうだ。(仁)