メガバンクが反発、外国人買いが再流入の観測も◇

97a9eeccd

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクが反発。三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>やみずほフィナンシャルグループ<8411.T>が買われている。この日上昇している鉄鋼株や非鉄株と同様に「外国人買いが流入しているのでは」(市場関係者)との観測も出ている。今晩のトランプ次期米大統領の記者会見が注目されているが、「会見後のトランプ・ラリー再現を先回りする動き」(同)がメガバンクや鉄鋼株を押し上げている、ともみられている。ただ、今晩の記者会見が不透明な内容だった場合、20日の米大統領就任式まで様子見姿勢が続く可能性も指摘されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。