構造計画研究所(4748)多方面からの思惑期待も

■ただの5G関連から脱却
独自の防災コンサルも展開し、移動通信・モバイルネットワーク通信システム等を手掛け、スマート無線研究会や5Gモバイル推進フォーラム(5GMF)に参加するなど関連銘柄としての位置付けが高い銘柄として知られています。

昨年からは、量子コンピューター(量子人工頭脳開発)や、まだ記憶に新しいNVIDIA関連としても思惑買いから動意付く場面も増えてきています。特に量子コンピューターに関しては思惑の域を出ないことも事実ですが、日計りスタンスで狙ってみたいタイミングです。