アスカネットが一時ストップ高、CESのBMWブースでAIプレート搭載の技術が紹介される

167db705a

 アスカネット<2438.T>が一時ストップ高。米ラスベガスで開催された家電見本市CES2017のBMW社ブースで、同社のAIプレートを搭載した「HoloActive Touch」が発表されたが、この体感リポートをアスカネットのHPで紹介したことが買い集中につながったようだ。

 BMWの「HoloActive Touch」技術は、ホログラムで仮想のセンターコンソールを表示させ、触覚フィードバックによるタッチ操作が可能。体感リポートでは、プレートから画面は25センチ程度浮かせてあるが結像に乱れがないことや、輝度・コントラスト比が高いため、非常に見やすいこと、さらにタッチの触感は圧倒的な完成度で誤動作も一切ないとして、「当社のディバイスが他の多くの技術と結びつき、実用に向けて新たな展開をしている様子がわかる」とコメントしている。