FFRI、ラックなどサイバーセキュリティー関連が軒並み高、サイバー攻撃の脅威は国家レベル◇

7201d9ab3

 FFRI<3692.T>、セキュアヴェイル<3042.T>、ラック<3857.T>、ソースネクスト<4344.T>、トレンドマイクロ<4704.T>などサイバーセキュリティー関連が総じて強い動きをみせている。

 IoT時代の到来とともにサイバー攻撃がもたらす脅威も大きく膨らんでいる。機密情報の漏洩など国家的な関与も問題視されるようになり、前日のトランプ次期米大統領の記者会見でも、ロシアが米大統領選にサイバー攻撃を仕掛けたとされる問題についてその関与を認め、中国など他国の攻撃の可能性についても言及したことで、サイバーセキュリティーの重要性が改めて世界的に認知された。東京株式市場でも関連銘柄のビジネスチャンスが広がるとの見方が、買いを誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。