明日の株式相場見通し=円高警戒で軟調推移、2カ月ぶり25日線割割り込む

836142181

 あす(13日)の東京株式市場は、外国為替市場での円高・ドル安進行への警戒感に加え、週末に伴うポジション調整の売りも想定されることから、日経平均株価は軟調な推移となりそうだ。

 トランプ次期米大統領が現地11日の記者会見で具体的な経済対策に言及しなかったことに失望感が広がり、米長期金利が低下した。これを受け外国為替市場では、一時1ドル=114円台前半へと円高・ドル安が進行、これを嫌気して日経平均株価は大幅安となった。

 市場関係者からは「日経平均株価は12日終値で、25日移動平均線(1万9192円)を下回った。25日線を割り込んだのは、米大統領選の結果が判明した16年11月9日以来約2カ月ぶりのことで、目先的には調整局面となる可能性もある」との見方が出ていた。

 12日の東京株式市場は、円高進行を受け主力株中心に売りが優勢となり、日経平均株価は一時300円近い下げをみせる場面もあった。終値は、前日比229円97銭安の1万9134円70銭と大幅反落した。

 日程面では、日銀の生活意識に関するアンケート調査、12月のマネーストックに注目。海外では、米12月の小売売上高、米12月の卸売物価指数、、中国12月の貿易統計が焦点になる。(冨田康夫)