アイオデータが大幅安、業績下方修正、期末配当見送りで

ジャスダック上場のアイ・オー・データ機器<6916>が売り気配スタートとなり、前日比48円安と大幅安で寄り付いた後も下値を切り下げる展開。同社は13日、13年6月期の連結業績予想を下方修正した。売上高は335億円(前期比13.1%減)見通しと従来予想の400億円から65億円の減額、また、最終損益は23億円の赤字(前期は3億6400万円の黒字)見通しと従来予想の2億円の黒字から25億円の減額となった。また、13年6月期に想定していた5円の期末配当については業績低迷を理由に無配にする予定を発表したこともあり、株価にはネガティブサプライズとなった。同社はストレージなどパソコン周辺機器を手掛けているほか、デジタル家電にも展開するが、テレビ出荷台数が落ち込むなど足元の収益環境は厳しく、スマートフォン周辺機器の伸びでは補えなかったもようだ。

アイオデータの株価は9時17分現在238円(▼55円)。