前日に動いた銘柄 part2:タカタ、トヨタ紡織、カカクコムなど

銘柄名⇒2月3日終値⇒前日比


メガチップス<6875> 2678 -54
通期最終赤字幅は拡大見通し。

システナ<2317> 1678 -102
10-12月期は増益率鈍化へ。

丸井グループ<8252> 1516 -85
10-12月期は営業減益で。

カカクコム<2371> 1607 -119
前日に続き業績下方修正を嫌気へ。

タカタ<7312> 536 -14
スポンサーによる再建手法への不透明感が続く。

VOYAGE<3688> 1618 -69
週末要因から手仕舞い売りが優勢に。

DLE<3686> 672 -24
急騰後の安値水準下回り手仕舞い圧力。

ヤマシンフィルタ<6240> 1756 -60
高値圏で利食い売りが優勢の展開にも。

ヤマダ電機<9831> 578 -34
10-12月期営業利益は市場予想を下振れ。

三井化学<4183> 508 -23
上方修正後は前日から伸び悩みへ。

トヨタ紡織<3116> 2347 -85
好決算発表も前日から出尽し感先行。

ダブルスコープ<6619> 1851 -20
リバウンド一巡感で戻り売りが優勢。

日本通信<9424> 182 -8
昨日の引け後に大幅な下方修正を発表。

TDK<6762> 7580 -180
インベンセンスの先行き懸念が続く。

アダストリア<2685> 2869 -146
1月の既存店増収率はやや鈍化。

コロプラ<3668> 972 -51
前日はDeNAからの資金シフトがみられたが。

三菱UFJ<8306> 730.0 +8.3
長期金利の上昇でメガバンクは買い優勢に。

三菱重工業<7011> 472.7 -12.9
引き続き決算内容をマイナス視する動きに。

宇部興産<4208> 251 -5
決算嫌気する動きが継続へ。

日産<7201> 1125.5 +13
米国自動車販売の好調などプラス視も。

三菱電機<6503> 1637 -22.5
引き続き10-12月期の下振れ決算を嫌気へ。

サイオス<3744> 1065 -125
前日に決算発表で目先の出尽し感も。

神戸発動機<6016> 174 -12
天井到達感から手仕舞い売り優勢に。

石井表記<6336> 593 +85
有機EL関連としても関心か。

明治機械<6334> 227 +25
前日から動意付き短期資金の関心向かう。

ウイルプラスH<3538> 2199 +203
日米自動車摩擦を巡る思惑から輸入車販売に物色。

アエリア<3758> 1770 +300
引き続き新規スマホゲーム「A3!」が期待材料。

ユークス<4334> 1208 +18
「AR performers」が期待材料。

DWTI<4576> 485カ
緑内障治療剤の海外におけるオプションライセンス契約締結。

メドレック<4586> 544 +80
痙性麻痺治療貼付剤の試験結果を好感。

動物高度医療<6039> 1750 +206
16年4-12月期は営業利益21%増で着地。

アライドアーキ<6081> 3920 +620
米スナップチャットのIPO申請で関連銘柄に物色。

フリークHD<6094> 3155 +185
16年10-12月期は純利益2.2倍と市場予想上振れ。

メタップス<6172> 2829 -181
トレンド悪化が嫌気され手仕舞いの動きが強まる。

INSPEC<6656> 1444 -145
5日線を割り込み目先調整。25日線水準で下げ渋る。



<SK>