大王製紙が続伸、今3月期大幅増益予想を好感

大王製紙<3880>が続伸。13日取引終了後に発表した4〜9月決算は印刷用紙の需要減と輸入紙流入による影響で予想を下回り、営業減益になったものの、コスト対策の表面化で今3月期通期の連結営業利益を前回予想の135億円から140億円に引き上げ、前期比34%の大幅増益を予想したことが好感されている。最終損益は元会長への貸付金回収に伴う倒引当の戻入益や北越紀州製紙から関連会社の株式を取得したことに伴う差益を特別利益に計上することで、前期の53億円の赤字から195円の黒字に大きく改善する見込み。

大王紙の株価は11時28分現在468円(△10)。