鉄建が6日ぶりに反発、13年3月期経常益の減額も悪材料出尽くし感で

鉄建<1815>が6日ぶりに反発、昨日大引け後に13年3月期連結経常利益の減額修正を発表したが、株価にはある程度織り込まれていたことから、悪材料がいったん出尽くしたとの感触から買いが入っている。売上高は前回予想の1380億円から1430億円(前期比9.7%増)に増額したが、経常利益は18億円から12億円(同13.9%減)に減額し、29.5経常増益から一転、2ケタの減益見通しとした。手持ち工事の進捗により売上高は増額するものの、建築工事の利益率低下で経常利益は減額となるもの。

鉄建の株価は11時23分現在95円(△3円)。