3Dマトリックスが切り返す、25日移動平均を足場にトレンド転換

スリー・ディー・マトリックス<7777.OS>が高い。11月に入ってから株価は利益確定の売りに大幅な調整を入れたが25日移動平均線への接触を待って切り返し、再度新値街道を視界に入れている。同社は米国法人から取得した自己組織化ペプチド技術を活用し、止血材などの医療製品を開発販売するバイオベンチャーで、その成長性の高さがポイントだ。
今13年4月期経常利益は88%増益の5億8300万円予想と急増する見通し。さらに来4月期経常利益も今期推定比倍増の11億円前後に拡大するとの試算があり、「初配当実施に漕ぎ着ける可能性も高い」(準大手証券アナリスト)という。海外では医薬品事業展開のためシンガポールに連結子会社を設立、アジア地域での展開に注力していく構えにあり、これも同社の成長シナリオを支える。

3Dマトリックスの株価は13時1分現在4160円(△70円)。