AIとアナリストが選定した銘柄の行方!第4弾の銘柄選定も間近

テクノスジャパングループの人工知能エンジン「Scorobo for Fintech(スコロボ・フォー・フィンテック)」のβ版(最新改良版)と、アナリストの目線を組み合わせた「AI特選銘柄レポート」の第4弾が、3月4日(土)に配信予定となっている。

このレポートの特徴は、テーマ数の多さにある。人間ではどうしても限界が生じてしまう「分析数」の壁をAIの活用によって打ち破り、約20ものテーマを分析の対象としている(各対象テーマの銘柄数は20~100銘柄)。また、テーマの中で更に細分化することで、より精度の高い銘柄選定を目指している。AIの活用によって選定された複数の候補銘柄から、アナリストの知見を融合して、最終的に銘柄を選定している点が、当該レポートの大きな特徴。また、レポートでは最終的に選定した5銘柄を取り上げているが、対象テーマの上位10から20銘柄程度のリストも掲載しているため、実際に5銘柄以外の検証も自分で行える点が魅力だ(第1弾レポートは、クラブフィスコでダウンロードが可能なため、実際の選定銘柄、銘柄リストが確認可能)。

これまでリリースした第1弾、第2弾、第3弾については、いずれにおいても上昇率が20%を超える銘柄が出ている。また、AIによる選定方法では、1週間後、2週間後、4週間後と、徐々に上昇を予測している銘柄を選定。実際にこれまで選定した銘柄の一例としては、1月16日リリースのデータセクション<3905>、2月3日リリースのブロードバンドタワー<3776>、先週リリースしたマイネット<3928>は、順調なトレンドを形成している。更に、第3弾で出遅れ感のあったシルバーエッグ<3961>は、4日目に動意をみせ、5日目に大幅続伸で抵抗線を突破してきている。

ミスなく複雑な分析が短時間でできるAIの判断をベースに、投資分析の専門家であるアナリストの判断を加えて作成した第4弾の「AI特選銘柄レポート」。AI×アナリストによって厳選された5銘柄に期待がかかる。

※なお、申し込みは3月13日まで可能

<WA>