アンビション Research Memo(4):第2四半期はサブリース戸数増とインベスト事業での物件売却により大幅増収

■業績動向

1. 2017年6月期第2四半期の業績概要
AMBITION<3300>の2017年6月期第2四半期の連結業績は、売上高が前年同期比47.5%増の6,685百万円、営業損失が48百万円、経常損失が59百万円、親会社株主に帰属する四半期純損失が33百万円と増収減益となった。

増収に関しては、主力のプロパティマネジメント事業におけるサブリース戸数が大幅に増加したことが一因である。2016年9月末のサブリース戸数は8,029戸(前年同期比33.7%増)と計画を上回った。ただし、仕入れたサブリース戸数のうち第2四半期末時点で入居率は88.8%、転居が本格化する第3四半期(1月−3月、新入学・就職時期)に向けた物件の先行投資の意味合いが大きい。またインベスト事業での大型物件の成約も増収の一因となった。

費用面では原価が増加し売上総利益が減少した。販管費は、物件の管理人員、新管理システム投資、広告宣伝費、AIなどへの投資を積極的に行い、戦略的に増やした(前年同期比21.2%増)。

結果として、第2四半期は期初の営業損失予想26百万円を上回る48百万円となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<TN>