IPO2社の上場初日の株価はうるるは3480円で引ける、ほぼ日はカイ気配のまま終了◇

 きょう新規上場したIPO2銘柄のうち、東証マザーズ市場に新規上場したうるる<3979.T>は、午前9時19分に公開価格3000円を330円(11.0%)上回る3330円で初値をつけた。その後、午前9時31分に3150円まで下落したものの、短期的な値上がり期待から買いが入り、午後2時1分には3750円まで上昇した。引けにかけては利益確定売りも出たが、結局3480円で上場初日の取引を終えた。

 一方、東証ジャスダック市場に新規上場したほぼ日<3560.T>は、公開価格と同じ2350円カイ気配でスタートした後は気配値を切り上げる展開が続き、結局この日は値がつかず、気配値上限の5410円カイ気配で取引を終えた。

 また、15日に東証マザーズ市場に新規上場し、上場初日は2875円カイ気配で取引を終えたファイズ<9325.T>は、この日の午前10時16分に公開価格1250円の3.2倍に当たる4010円で初値をつけた。その後は換金売りに押され午前10時50分には3630円まで売られたが、後場は3900円を挟んだもみ合いで推移し、結局3950円で引けた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。