クラリオンが商い急増で昨年来高値更新、自動車運転支援分野での成長シナリオ期待◇

Abdbbf7c0

 クラリオン<6796.T>が商い急増のなか上値指向を強め、昨年来高値を更新。機関投資家とみられる大口買いに個人投資家を中心とした短期資金の参戦で材料株特有のうねりをみせている。市場では、「自動車向け安全運転支援システムの普及や、その先にある自動運転技術分野で同社の成長シナリオが見えてきた。最近ではパイオニア<6773.T>なども買われたが、クラリオンにもテーマ買いの動きが波及している」(準大手証券ストラテジスト)という。

 なお、みずほ証券が同社の車載カメラなど安全安心分野での好ポジションを評価し、目標株価を295円から440円に引き上げ(投資判断は「中立」を継続)ており、これも株高を助長している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。