【買い】オプティム(3694)IoTプラットフォームのマーケットリーダー。まずは窓埋めから。

■四季報もチェック
IoTプラットフォームサービス事業をメインに、医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社とポケットドクター共同開発を発表したり、農業IoT分野にも手を広げています。IoTプラットフォームのマーケットリーダーというコーポレートメッセージ通り、自負しているようです。

直近ではローソンチケットにサービス提供したり3月15日には、佐賀大学農学部、佐賀県有明海漁業協同組合、農林中央金庫、NTTドコモ、オプティム、佐賀県農林水産部の6者間で、Iot、AI、Robotを活用しノリ養殖業を行うと発表。
材料性は大小関係なく豊富です。

2月14日に、3Q決算を発表しましたが、内容を嫌気され大きく売られました。
その後は持ち直す動きへなりましたが、まだ決算前水準にも戻っておらず、
窓埋めも完了していません。
今週から徐々に四季報相場も本格的になってくることが予想されますが、
此処も四季報銘柄といって良いほど、業績予想など四季報で評価が上がる銘柄でしょう。

まずは、窓を埋めきって高値にチャレンジする動きを期待したいです。