◎欧米外為市場サマリー:上値重く112円半ばに下落

646056baa

 20日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は1ドル=112円55銭前後と前週末に比べ10銭強のドル安・円高。ユーロは、1ユーロ=120円88銭前後と同10銭強のユーロ安・円高だった。

 前週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、「保護主義に対抗する」との文言が削除された。これを受け、週明け20日のアジア市場で、一時112円45銭までドル安・円高が進んだ。ニューヨーク市場は112円80銭前後で取引が始まった。この日の米連邦準備制度理事会(FRB)高官による発言への市場の反応は限定的だった。米長期金利の低下もあり、上値は重く結局112円50銭台で取引を終えた。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0739ドル前後と同0.0003ドル前後のユーロ高・ドル安だった。