トヨタなど自動車株が安い、1ドル=112円台半ばの円高など嫌気◇

5cbd55bf7

 トヨタ自動車<7203.T>、日産自動車<7201.T>、富士重工業<7270.T>など自動車株に売りが先行している。足もとの米長期金利が低下傾向にあり、これを受けて日米の金利差拡大思惑が後退、外国為替市場では1ドル=112円台半ばまで円高が進行しており、輸出採算悪化に対する警戒感が売りを誘っている。また、18日に閉幕したG20後の共同声明で、前回まで明記されていた「保護主義に対抗する」との文言が米国の要求で削除されたことが伝わっており、これも自動車株に対する見切り売りにつながっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。