アイモバイルが続伸、太陽光発電所システム開発のLooopと資本・業務提携

 アイモバイル<6535.T>が続伸。前週末17日の取引終了後、太陽光発電所システムの開発や電力小売り事業を手掛けるLooop(東京都文京区)と資本・業務提携すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回の資本・業務提携は、アイモバイルのインターネット広告事業における知見・経験をもとに、Looopが行う電力小売り事業のさらなる顧客獲得や、ネット広告と電力サービスを融合した新たなビジネスを創出するのが目的。両社は共同で、電力小売りに関するアプリの共同開発などを行うという。

 また、資本面ではLooopの第三者割当増資引き受けなどに約5億円を出資し、Looop発行済み株数の4.14%を取得するという。なお、同件による17年7月期業績への影響は軽微としている。