高千穂交が反落、17年3月期業績予想を下方修正、中国ATM市場の不振など響く

0e2f6cb72

 高千穂交易<2676.T>が反落。前週末17日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を202億8000万円から190億円(前期比4.9%減)へ、営業利益を8億円から5億円(同14.7%増)へ、純利益を4億円から3億円(同2.9倍)へ下方修正したことが嫌気されている。

 中国などのATM市場の不振やRFID案件長期化の継続から、売上高が前回予想を下回ることに加えて、11月以降の円安による調達コストの増加などが利益を圧迫するという。