ガーラが年初来安値を更新、継続企業の前提に関する注記を記載で

ガーラ<4777>が大幅続落。14日引け後に発表した第2四半期累計(4〜9月)連結決算短信に継続企業の前提に関する注記を記載したことが嫌気されている。営業損失や準損失の継続で資金繰りに懸念が生じいる可能性があることから。なお、第2四半期連結決算は売上高13億3200万円(前年同期比43.1%減)、営業損益4億600万円の赤字(前年同期4500万円の黒字)、純損益2億1300万円の赤字(同1億7600万円の赤字)を計上。オンラインゲーム事業の主力ゲームの売上高が前セグメントで減少したことが響いた。

ガーラの株価は10時51分現在8600円(▼1210円)。