パイプドビッツが急反発、タイムデザインを子会社化、選挙関連でも関心

東証マザーズ上場のパイプドビッツ<3831>が急反発。14日午後4時に航空券付き宿泊予約システム「ツアービルダー」を提供するタイムデザインを子会社することを発表した。今回の子会社化を通して、タイムデザインが持つ観光業界に関するノウハウを活かすことで、従来から企画している「観光業界向け旅行プラン提案プラットフォーム」の強化、拡充を図る方針。また、政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営、「AKB48 27thシングル選抜総選挙」を支援した実績から、解散総選挙関連としても関心を集めている。

パイプドビッツの株価は10時33分現在856円(△62円)。