木村化が続騰、4〜9月は営業4.4倍増で通期上ブレ観測

木村化工機<6378>が続騰、前日比32円高の285円で寄り付いた後71円高の324円まで買い進まれ、上昇率は28%を超えた。前日取引終了後に発表した4〜9月期決算が前回予想を大きく上回り、前年同期比40%増収、4.4倍の大幅増益になったことで買い気が盛り上がっている。連結売上高は前回予想の86億円に対して90億5600万円、営業利益は2億6000万円に対して4億4600万円で着地した。工事の進捗が期初計画を上回り、コスト対策と工程管理を徹底したことが増額の要因。今3月期通期は事業環境の悪化を理由に営業利益35%減の5億2500万円と前回予想を据え置いたが、4〜9月期段階での進捗率が85%に達し、通期業績の上ブレが観測されている。

木村化工機の株価は10時35分現在304円(△51円)。