北越紀州の下落率9%超える、今期9月期下方修正で営業54%減益を予想

北越紀州製紙<3865>が続急落、前日比19円安の414円で寄り付いた後41円安の392円まで売られ、下落率は9%を超えた。前日比引け後に発表した4〜9月決算は営業53%の大幅減益で着地し、今13年3月期予想を下方修正したことが嫌気されている。連結売上高は前回予想の2310億円から2100億円、営業利益は110億円を50億円へ。前期比9%減収、54%の大幅減益になる。主力の洋紙、白板紙の需要低迷で売上げ、利益とも前回予想を下回る。同時に大王製紙と技術提携を発表したが、事前の報道で伝えられており反応はない。

北越紙の株価は9時36分現在410円(▼23円)。