技研興が反発、13年3月期業績の上方修正と建設株人気で買い安心感

東証2部に上場する技研興業<9764>が反発。昨日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の111億5000万円から120億円(前期比15.4%増)に、経常利益は1億8000万円から2億8000万円(同4.3倍)に増額し、2.8倍経常増益から増益幅を拡大する見通しとなった。土木関連事業、型枠貸与関連事業が震災関連需要を背景に下期も引き続き堅調に推移する見通しに加え、建築関連事業が工事進捗の順調から増収増益となる見込みにあることが要因。足元の業績好調が確認されたことと、公共事業の増加につながるとみられる自民党の政権復帰観測もあり、買い安心感を誘っている。

技研興の株価は12時39分現在128円(△5円)。