日特建が大幅に3日続伸、建設関連の仕手系材料株で人気波及

日特建設<1929>が大幅に3日続伸。株価は前日比47円高の309円まで買われている。解散・総選挙の実施で、現在優位とされる自民党中心の政権交代が行われた場合、同党が選挙公約に掲げる「国土強靭化基本法案」の成立が期待され、防災関連など公共事業の増加が予想されている。同社は基礎工事の総合大手で防災・補修分野に強みを持ち、液状化対策工事などの受注増加につながるとの思惑が浮上。過去にも復興関連人気などで大幅高した実績を持ち、仕手性が極めて強いだけに、目先の株価上昇を期待した向きの思惑買いが流入している。

日特建の株価は12時36分現在285円(△23円)。