前日に動いた銘柄 part2:東京個別、GMOペイメント、ドンキホーテなど


銘柄名⇒11日終値⇒前日比


ドンキホーテHLDG<7532> 4020 +130
3月既存店売上高3.2%増。

ダブル・スコープ<6619> 1403 -2
昨年8月以来の安値水準をつける。

ポールトゥウィン・ピットクルー<3657> 1214 +38
ネット監視への需要期待。

ベルーナ<9997> 932 +45
国内証券で強気。

東京計器<7721> 256 +2
防衛関連の一角。

薬王堂<3385> 2770 +88
今期予想を材料視。

石塚硝子<5204> 220 +6
26週線レベルで下げ渋る。

ホシデン<6804> 1072 +34
防衛関連の一角との見方も。

テクマトリックス<3762> 1416 +22
次世代ファイアウォールのシステム提供。

コシダカHLDG<2157> 2706 +108
2Q営業利益22.2%増。

豊和工業<6203> 790 +13
防衛関連として。

シード<7743> 2254 +84
調整一巡感からの出直り。

ケネディクス<4321> 484 +16
リバウンド強まり年初来高値更新。

スミダコーポレーション<6817> 1300 -278
第三者割当増資。

プレナス<9945> 2327 -181
決算で材料出尽くしも。

アウトソーシング<2427> 4110 -265
利益確定の流れが強まる。

GMOペイメントゲートウェイ<3769> 5180 -280
米系証券で格下げの動き。

東京個別指導学院<4745> 1357 -74
決算後は材料出尽くしの動き。

マーベラス<7844> 869 -45
ゲーム関連で10日急伸の反動。

日本マイクロニクス<6871> 923 -70
もち合いレンジを下放れ、利食い強まる。



<SK>