日本郵政「海外企業に巨額減損」報道で株価暴落

4月20日、午後2時ころ日本郵政株価暴落が市場関係者の間で話題となった。個別の銘柄が相場全体に影響を及ぼし、日経平均株価<100000018>も前日比マイナスで取引を終了。

日本郵政<6178>が2015年に買収した豪州物流企業「トール・ホールディングス」が、のれん代4200億円近くが残ると金融メディアが報じてから株価急落となっている。

株式市場関係者からは、東芝が海外子会社の特損で一大事になったことから、日本郵政にもネガティブな見方が広がったのだろうという意見が聞かれた。

日本郵政株価急落、詳しい情報はコチラ
http://merutore.com/hotstocks/nippon-yusei-japanpost-stock-crash/