シード、17年3月期業績予想を増額、経費支払いの後ずれなど寄与

 シード<7743.T>は1日取引終了後、17年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は244億円から244億6300万円(前期比12.1%増)へ見直したほか、営業利益は14億2000万円から15億1800万円(同69.6%増)へ、最終利益を6億7000万円から8億7600万円(同78.0%増)へ修正した。

 システムや研究開発案件にかかる経費の支払い時期が予定よりも後倒しとなったほか、生産性の向上や税負担の軽減が利益の押し上げ要因に働いた。