日精工が9日ぶりに反発、産業用ベアリングの国内2割減産報道も悪材料出尽くし感で

日本精工<6471>が9日ぶりに反発。15日付の日本経済新聞が「今年度下期に発電設備や鉱山機械などに使う産業機械用ベアリングの国内生産を前年同期比で2割削減する」と報じたが、売り材料視する向きは乏しく、むしろ悪材料が出尽くしたと見た向きの買い戻しが先行している。既に同社は10月30日に中国や欧州の景気減速を受けて産業機械用ベアリングの販売減少から、13年3月期連結経常利益を前期比45%減の230億円に下方修正しており、株価への織り込みが進んでいた。

日精工の株価は14時4分現在443円(△25円)。