日本通運が反発、三菱UFJMSのレーティング引き下げも前日の安値で下げ渋る

日本通運<9062>が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が14日付けでレーティングを「アウトパフォーム」からニュートラル」、目標株価を380円から300円に引き下げたが、前日に265円の年初来安値を更新していることもあり、下げ渋る動きとなっている。同証券では荷動きの不透明感から今3月期の通期予想を連結営業利益で当初予想の410億円から会社側計画と同様の330億円(前期比12.0%減)に修正している。

日本通運の株価は13時33分現在272円(△5円)。