四季報夏号から、ポジティブ・ネガティブ低時価総額銘柄をピックアップ!

■本日発売の四季報夏号
本日発売の、四季報夏号から低時価総額(100億以下)の数字アップ、マイナス銘柄をピックアップ。
ほんの一部しか見れていませんので、今後も更新予定。

■ネガティブ

・3131 シンデンハイテックス 時価総額50-55億

19年3月期予想更新。売上変わらずだが、営業利益、経常利益ともに半減。
EPSも大幅減だが、配当は変わらず予想。ここにはIR担当者とすぐに連絡が取れましたので、聞いてみました。
四季報側が取材もせずに勝手に載せたもので、寝耳に水という事でした。大きく状況も変わっていないとの事。
本日は、一時13週線割れ、5月1日の窓上ライン近くまで下がる場面もあり、75MAも近いです。
配当利回りも高く、節目も近く、会社側の判断を鑑みるに買い目線でいきたい。

■ポジティブ

・1439 安江工務店 時価総額20億

愛知県で住宅リフォーム請負を軸に新築、仲介・買取再販も展開。
18年12月期予想更新。利益は20%前後の増益予想で、売上も10%程度の増収予想、増配想定。
配当性向を高めていく会社方針も株主には嬉しい。今の水準は安いと思います。

・2458 夢テクノロジー 時価総額85-90億

建設技術者派遣の夢真HLD傘下。電機・自動車向け技術者派遣が主力。
17年9月期予想は、採用人数上限アップと求人費用などの先行投資が嵩み利益面は大幅減少。
18年9月期予想は75%増の売上、300%以上の増益予想が出ており、嬉しいサプライズ。
四季報予想通りに業績推移すると増配も必至でしょうか。

・2471 エスプール 時価総額75-80億

物流等のアウトソーシングとコールセンター等への人材派遣中心。障害者雇用支援。
米アマゾン向け納品代行サービス開始し通販取引先が急増。
18年11月期予想も伸び良く、好まれそうな銘柄。