[6月20日版]日経平均2万円復活!これからどうなる?

【日経平均2万円復活!これからどうなる?】
6月19日の日経平均は大幅高となり、1日を終えました。

東証一部の業種別で見ると、
全33業種中値上がりしたのは26業種となり、
値下がりした7業種となりました。

また、日経平均は前日比124円49銭高となりました。

日経平均もふたたび2万円の大台に戻ってきており、
買い意欲の強さが伺える状況です。

NYダウがふたたび最高値を更新。

このまま日経平均2万円が定着すれば、
一気に上値が軽くなる可能性が期待できます。

イベントも一通りこなした後ということもあり、
様子見ムードが和らぐと期待できるでしょう。

以上を踏まえると、これからは、
買いに優位な展開となる確率の方が高そうです。

相場上昇が期待できる今のような状況では、

いままで特に下落してきた、
特に「割安感の高まっている銘柄」に注目することで、
今後の値上がりが期待できるでしょう。

参考までに、直近1ヶ月で特に出遅れている業種をご紹介します。

◯直近1ヶ月で株価指数が出遅れているトップ3業種
・鉄鋼(前月比-2.44%)
・石油・石炭製品(前月比-2.13%)
・輸送用機器(前月比-1.80%)

以上の3業種は、これから上昇へ転じる余地もあるため、
それぞれ注目してみてはいかがでしょうか。

以降は、日本相場の上昇に期待しています。
よって、6月20日のスタンスは【大幅高になる】と強気で行きます。

注意しながら、着実な利益を狙っていきたいところですね。

では、6月20日も1日、引き締めて行きましょう!