黒田電が急反落、将来的な一株利益の希薄化を懸念

黒田電気<7517>が急反落。15日の引け後に、総額70億円規模のユーロ円建転換社債型新株予約件付き社債(CB)を発行すると発表したことから、株式転換による将来の希薄化が懸念されているようだ。調達資金は40億円を自動車間関連部品製造事業への投資へ、20億円を家電製品部品など製造事業への投資に、残りを来年9月までに買収する子会社の設備投資などに当てる予定としている。

黒田電の株価は12時32分現在898円(▼62円)。