80円台を再び攻め込めるか

80円台を再び攻め込めるか
ドル/円は22日に、それまで上値抵抗と見られていた79.50円レベルを上抜くと、直近高値(8/20高値79.66円)をも突破。
23日朝には80.01円まで一段高となった。

今月11日よりほぼ一本調子での上昇が続く中、22日のローソク足は実体部がやや目立つ陽線引けとなったため、一部では高値警戒感が浮上。

ただ、足下での急騰する相場に連れて、6日移動平均線が急上昇している上、引値レベルでは同線(本稿執筆時点では79.35円)が下値支持として機能している事から、上値模索の動き自体は継続していると考えられる。

本日朝の80円台乗せは一瞬であったが、再び80円台に乗せるようであれば上値模索の動きが再開しそうだ。

その場合、まずは6/25高値(80.62円)が試されよう。