円売り・ドル買いの流れ

円売り・ドル買いの流れ
昨日のドル/円相場は、本邦の追加金融緩和観測を背景とする円安・株高を背景に、80円の大台目前まで上昇した。また、

足下の米経済指標を見ると、小売りや住宅が好調となっており、現状は円が売られてドルが買われやすい地合いにあると言える。

本日、米大統領選候補者の第3回目の討論会が予定されている。

民主党のオバマ大統領と共和党のロムニー氏の接戦が続いているが、金融緩和政策に否定的なロムニー氏が優勢となればドル買いの流れが一段と強まり、ドル/円相場を押し上げる可能性がある。