【 半歩先読みポイント 価格変動率 】クボタ<6326> 

農機よりも環境分野
 同社の成長戦略は、国内と海外で大きく異なる。海外では引き続き農機が主力だが、国内では環境分野の売上が目立つ。特に資源リサイクルへの注目が集まる中、廃棄物リサイクル・処理システムが堅調だ。

 このため国内ニュースでは環境分野、海外ニュースでは農機関連が注目となる。

 リーマンショック以後も底堅い値動きを続けているが、一年を通すと高値・安値の差はかなり大きく、買いから入る場合は数回に分けることをオススメしたい。

ご注意:上記で紹介した銘柄は、お客さまに対してマネーパートナーズが推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客さまご自身でお願いいたします。