ドル円80円台回復・・・・

30日までは・・・・
 30日に日銀が追加金融緩和を行うとの見方は根強く、円売り基調が続いています。又、昨日、中国の経済指標が強めの数字となった事で豪ドルが買われ、豪ドル円もドル円とともに上昇し、お互いが引っ張り合う様な形となっています。
 一方、米国では、フェースブックの決算が、市場予想を上回り、同社株は上場以来初めて大幅高となりました。これらがこれまでの米株式市場の重さ払拭の起爆剤となってくれれば、更なる「リスク選好」の流れも期待出来るかもしれません。
 既にドル円は80円台に確りと乗せ、テクニカル的には80円台半ばまでは強いレジスタンスも無さそうです。本日、米国では9月耐久財受注の発表が控えています。先月が弱い数字だっただけに、反動で今月は強めの数字となるとの予想も見られます。これがドル円を押し上げる要因に加われば、一段高の可能性が一段と強まりそうです。