太平洋セメが3連騰、セメント輸出価格1割引き上げ求める

 太平洋セメント<5233>が3連騰、後場に入って前日比7円高の183円まで買い進まれた。今3月期は前回予想を上方修正、連結営業利益400億円、前期比37%の大幅増益を見込む。復興需要などでセメント需要が拡大、原燃料安やコストダウン効果も大きい。さらに、セメント各社が13年のセメント輸出価格交渉で、前年比約1割の引き上げを求めていることから、一段の業績上ブレが期待された。

太平洋セメの株価は14時55分現在182円(△6円)。