NTTドコモが反発、LTE対応の超小型基地局「Xiフェムトセル」を開発

 連日で上場来安値を更新し続けてきたNTTドコモ<9437.T>が7日ぶり反発。この日、世界で初めてLTEおよび3Gの両通信方式に対応した超小型基地局「Xiフェムトセル」を開発、12月から住居・店舗・オフィスなどへ設置していくことを発表した。この基地局を住居・店舗・オフィスなどの屋内へ導入することで、半径数10メートル程度の通信エリアを構築、LTEと3Gの両方式に対応し、同時運用できるため、顧客は音声通話に加え、XiとFOMA両方のデータ通信サービスをより快適に利用することが可能になるという。

NTTドコモの株価は14時47分現在11万4000円(△1200円)。