JUKIが反発、業績悪の売り一巡、アパレル以外の縫製増加に期待感も

JUKI<6440.T>が反発。14日に12年12月期の通期予想を連結営業損益で26億円から18億円(前年同期実績8億1500万円)、一株当たり年間配当も当初計画の3円から無配(前期実績3円)への下方修正を発表し15日には83円の年初来安値を更新したが、業績悪の売りも一巡し堅調な動きになっている。中国においては縫製品の欧米向け輸出が減少し、加えて縫製工場の東南アジア地域への生産地移動の影響などにより設備投資需要が減少しているが、自動車シートやスポーツシューズなどアパレル以外の縫製事業向けの売り上げは徐々に増加していることをポジティブに見る向きもある。

JUKIの株価は14時24分現在84円(△1円)。