政治・金融政策で回復を狙う

政府はこのまま中国株低迷には持って行かないと予想
中国経済は9月の生産が増加するなど底入れの兆しがでており、停滞が続くかどうか世界が注視している状況です。仮に停滞が続くようですと中国関連株は業績悪化から低迷を余儀なくされますが、共産党の陣容が変われば財政政策や金融政策など何らかの景気対策が打たれる公算が強いと思われ、今後を悲観的に見る必要も薄くなって来ると思います。共産党新執行部としては共産党への支持を維持する為に反日運動に見られた国内の経済的不満を沈静化させる必要に迫られるからです。