ニチリンが3日続伸、12年12月期業績予想を下方修正もアク抜け感

 ニチリン<5184.OS>が3日続伸。前週末16日の取引終了後に、12年12月期の連結業績予想を従来予想の売上高400億円、経常利益20億円から、それぞれ375億円(前期比12.1%増)、14億円(同2.4倍)に下方修正したが、株価には織り込み済みとしてアク抜け感から買われている。下方修正は、好調だったインドネシアやベトナムの二輪車販売が第2四半期以降落ち込み、回復に時間がかかっていることや、中国における日本車販売不振で中国子会社の業績が減少するとみられることが要因。また同時に、海外連結子会社の不適切な会計処理に関する調査結果などを発表したことも、アク抜け感につながっているようだ。

ニチリンの株価は9時49分現在377円(△10円)。