コスモ石油が続伸、パラキシレン新設備完成で生産拡大へ

 コスモ石油<5007.T>が続伸。16日にヒュンダイオイルバンクとの新しいパラキシレン製造装置が完成したと発表したことが好感され、押し目買いが優勢になった。ヒュンダイとは2009年11月に合弁会社ヒュンダイ・コスモ・ペトロケミカルを設立、パラキシレンを年間38万トン製造、販売しており、新設備の稼働で生産能力は年産118万トンへ大幅に拡大。ガソリン留分の需給改善を図るとともに、原油からパラキシレンまでの精製、石化一貫操業体制により収益拡大を目指す。今3月期最終赤字拡大を予想したことで、2日には年初来安値136円をつけていた。

コスモ石油の株価は10時51分現在153円(△4円)。