<後場の注目銘柄>=栗本鉄工、海外向け高機能バルブが好調

 栗本鉄工所<5602.T>に注目。同社は、水道管やガス管などの鋳鉄管で国内2位の大手。12年4~9月期連結決算は、売上高456億円(前年同期比7・5%増)、営業利益26億3500万円(同2・7倍)となった。

 耐震鋳鉄管は横ばいながら、バルブが電力、鉄鋼分野向けに伸びたほか、海外向け高機能バルブが好調推移。利益面は増収効果に加え、原価改善が奏功。通期見通しは先に営業利益と経常利益が上方修正されたが、上期の上ブレに満たない修正のため、再増額が濃厚だ。 

 株価は10月16日安値の231円に次いで、10月30日安値236円で二点底をつけて以降下値を切り上げている。PER11倍台、PBR0・8倍台と割高感はない。