9月の景気一致指数改定値、速報値から若干の上方修正

 きょう内閣府が発表した9月の景気動向指数(CI・2005年=100)改定値は、景気の現状を表す一致指数が前月比2.0ポイント低下の91.5。6日に発表された速報値は91.2で同2.3ポイントの低下だった。数カ月先の景気を示す先行指数は1.6ポイント低下の91.6。内閣府は景気の基調判断を「下方への局面変化」で据え置いている。