三井金属が米国のアルカリ電池用亜鉛粉の製造販売会社を売却 事業経営方針の一環で

 三井金属<5706.T>が大引け後に同社グループ会社で北米でのアルカリ電池用亜鉛粉を製造販売するMitsui Zinc Powder Limited Liability Company(MZP社)を売却したと発表した。今年度、同社は「攻めの経営」と「守り維持、強化」を事業経営の方針として掲げ、その施策の一つとしてコモディティ化製品の再建・見直しの検討を進めてきている中で、このたび、米国のHorsehead CorporationにMZP社を売却し、あらたに同社での事業継承することで合意したもの。売却日は11月16日。MZP社の売上高は2011年度で26百万米ドル。この売却による同社業績への影響は軽微という。