為替の円安のみでは、ここからの上昇は限定的

本日、日経平均、トピックス共に買転換出現だが!
先週は、為替が短期の円安トレンドが崩れ、欧州信用不安の再燃、アメリカの「財政の崖」問題もあるため下値模索となることを想定し、8500円水準からは少しづつ買っていくとしました。ところが、13日(火)に8619円の安値をつけて、14日(水)は△3の8664円と8日ぶりの反発。あとの党首討論会で野田首相が16日に解散することを発表しました。15日(木)には安倍自民党総裁が日銀は無制限緩和すべきだとのコメントにより、選挙結果後は自民党中心の政権になることから円が急落となり、株は輸出関連株中心に買われ、15日(木)は△164の8829円、週末の16日(金)は△194の9024円と9000円台を回復し、売買代金も急増して引けました。
 今週も次期政権の日銀への金融緩和圧力の期待を下支えに戻りを試す展開が想定されますが、円安が一服すれば国内景気の悪化、アメリカの「財政の崖」問題、欧州信用不安などの環境の中で日本株のみが独歩高というのは難しいと思われます。9075円(10月23日の高値と同時に19日の200日移動平均線)を突破し、ザラ場では9159円を突破したので次は9200円、そして9月19日の9288円を目指す形ですが、目先好材料を織り込んでしまった可能性もあります。19日(月)の終値は△129の9153円となりました。