神戸鋼しっかり、資金負担軽減を好感

 神戸製鋼所<5406.T>がしっかり。20日付日本経済新聞朝刊が「今13年3月期末の有利子負債を8400億円と従来計画より200億円圧縮する」と報じている。中国で現地企業と計画しているアルミニウム板圧延の合弁事業の遅れで当面の資金需要が想定を下回り、資金負担が軽減。主力の鋼材やアルミ圧延品は需要低迷が続き、今3月期は経常、最終赤字になるものの、コスト対策が進み連結営業損益は150億円の黒字を予想している。

神戸鋼の株価は9時51分現在75円(△▼0円)。